チラシは配り方も重要

印刷機

チラシ印刷を苦労してしあげてもまだ終わりではありません。その一生懸命作ったチラシがお客様に届かなければ意味がないのです。まず、あなたは街で配っているチラシを受けとったことがありますか?あるいはバイト等で配ったことはありますか?意外と実際に経験したかたは少ないかもしれません。街で配るチラシはあまり受け取らないという人が大半です。チラシの受け取ってもらえる割合は約1割です。人数でいうと10人に1人です。その確率からいかに上げていくかを考えていかないといけません。ここではチラシを配る際のポイントを紹介します。まずポイントの1つ目が「断られても傷つかない」ということです。チラシ印刷をするために、激安の業者を探して、デザインを考えてと苦労されてきたことと思います。ですので、配って10人中9人も断られてしまうと「このチラシがダメなんじゃないか」と落ち込んでしまうことがあるかもしれません。しかし、その落ち込んだり、苛ついたりした気持ちでチラシ配りをしていると、表情にその気持が現れ、相手にも伝わってしまいます。そうなると、断られる可能性がどんどん上がってしまうのです。ですから、まずは断られるのが当たり前という気持ちをもって、受け取ってもらえたらラッキーという視点でチラシ配りをしてみてはいかがでしょうか?また、2つ目のポイントは「激安でチラシを作る」ということです。まず、かなりお金をチラシにかけてしまうと、配りきれない時や捨てられてしまった時のショックが大きいです。そうではなく、激安で作っておけば、損も少ないですし、配れない時のショックも少なくなるはずです。チラシ印刷を激安にするにはネット印刷業者がおすすめですよ。