良いチラシの条件

チラシ

良いチラシの条件とはどんなものなのでしょう?これからチラシ印刷をしようと考えているあなたの為に、良いチラシの条件を挙げていきます。まず、揃えることです。文字や図形色々ありますが、オシャレ感を出すためにランダムに全てを配置してしまうと、どこを見ればいいか分からず混乱してしまいます。ですので、基本的に揃えられるところは揃えておくといいですよ。また、内容をグループ化して表示すると良いチラシになります。例えばいくら情報が揃って並んでいても、文章が羅列されているだけでは、チラシにはなりません。また、文章とイラストや写真があることで見やすく目を引きやすくなっています。また、情報の優先順位があるのも良いチラシの条件です。チラシのデザインをする前にしっかり優先して伝えたいということを整理しておきましょう。また、優先して伝えたいことは大きく、さほど優先で無いことは小さくデザインしましょう。また、チラシのフォントにも注意しましょう。フォントの選び方でチラシの印象がぐっと変わります。非常に多くの種類がありますが、見る人の反応にも大きく関わってくるところですので、よく検討しましょう。基本的には、分かりやすいシンプルなイメージはゴシック体、少し柔らかい印象を与えたい時に丸ゴシック体を使用することが多いです。また、誠実な印象なら明朝体が適しています。印象を変えたいからといって、1枚のチラシの中で沢山のフォントに手を出すのはNGです。全体的にごちゃごちゃした印象を与えてしまうので、3種類ほどにとどめて置きましょう。チラシ印刷は激安でできる業者がありますので、利用してみましょう。